吐き気・嘔吐の症状と病気

吐き気や嘔吐の原因は?その他の症状で分かる可能性のある病気とは・・・

嘔吐とは、胃の内容物を吐くことです。そして、吐き気とは、、嘔吐の前に感じるみぞおちから胸にかけてのムカムカする不快感のことをいいます。吐き気と嘔吐を引き起こす原因はとても様々で、あらゆる病気の可能性が考えられます。

 

食べ過ぎ、飲み過ぎといった胃腸を酷使したことから引き起こされる吐き気、嘔吐もあれば、ストレスなどが原因となって起こる吐き気、嘔吐もあります。また、胃腸などの内蔵系以外にも、くも膜下出血などから吐き気、嘔吐が起こる場合もあります。

 

医療現場では、吐き気、嘔吐が、どのような原因から起こっているのかを見分ける際に、吐き気、嘔吐以外の症状をみて判断していくのだそうです。

 

 

吐き気・嘔吐に加えて腹痛の症状がある場合

 

たとえば、吐き気、嘔吐に加えて、腹痛があるかどうかをみます。

 

もし、腹痛があれば、お腹のどの部分が痛いのかをみるそうです。お腹の上部分であれば、逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃アニキサス症、胆石症、肝硬変、アルコール性肝障害、急性膵炎、膵石症なども原因として挙げられるようです。

 

また、お腹の横や、腰部分に痛みがある場合には、遊走腎、膀胱尿管逆流現象、急性腎盂腎炎などの可能性も考えられるそうです。そして、下腹部に痛みがあれば、尿管結石、感染性腸炎、虚血性大腸炎、虫唾炎、骨盤腹膜炎、月経困難症などが考えられるようです。

 

お腹全体が痛いのであれば、腸閉塞、急性腹膜炎、急性上腸間膜動脈閉塞症なども考えられるようです。

 

 

吐き気・嘔吐に加えて頭痛の症状を伴う場合

 

吐き気、嘔吐に加えて、さっきのような腹痛がない場合、他に、頭痛があるかどうかでも判断できるようです。

 

頭痛があり、目がチカチカしたり、音に過敏になっているというときは、偏頭痛の可能性が挙げられます。また、目に痛みがある場合には、緑内障、眼精疲労の可能性も考えられるようです。めまいが伴うようであれば、本態性低血圧症の可能性も挙げられます。

 

中でも、意識障害を伴う場合には命の危険がありますので特に注意が必要です。この場合、脳出血、くも膜下出血、脳静脈・静脈洞閉塞症、高血圧性脳症、髄膜炎、脳炎、脳腫瘍などの可能性も考えられるそうです。

 

これら以外にも吐き気、嘔吐には様々な原因があります。自己診断はかなりむずかしくなってきますので、早めに病院を受診するのが望ましいでしょう。