下血(便に血がまじる)の症状と病気

下血が起こる主な病気とその他の症状について

排便時に下血(便に血がまじる)があるかどうかというのは、病気を見分ける際に大きな手がかりとなるようです。では、下血(便に血がまじる)が起こる主な病気の症状と特徴をみていきます。下血(便に血がまじる)の他に起こる主な症状で分けて考えていきましょう。

 

 

まず、下血とともに下痢をする場合、潰瘍性大腸炎の可能性も考えられるでしょう。激しい腹痛とともに、水状の下痢が何度も起こり衰弱していきます。

 

また、黒ずんだ便とともに下血がある場合には、胃、十二指腸潰瘍の可能性が考えられます。胃、十二指腸潰瘍は、胸やけがあり、空腹時にみぞおち付近が痛んでくるようです。下血のみならず、吐血を伴うこともあります。

 

他にも胃がんや食道がんでも便が黒ずんできます。これらは、自覚症状が少ないそうで、なんとなく食欲がなかったり、胃がもたれるというくらいの症状しかないことも多いようです。弁が黒ずむのは、出血した血液が混じるからです。

 

また、便に血がつく下血があるのは、痔核の可能性が考えられます。この場合の下血は鮮やかな赤色をしているそうです。排便時や排便後にまとまった血液が流れることもあるようです。

 

他には直腸がんの可能性も考えられます。便意を催しても、気持よく出ず、細い便しかでなくなります。そして、便に粘液や膿が混じった血液がつくようです。

 

排便時の下血(便に血がまじる)の場合には、その血液の色がどす黒い色なのか、鮮やかな色なのかをチェックすることで、どこが悪いのか判別しやすいと言えるでしょう。