膨満感の症状と病気

膨満感が続くのはなぜ?原因と症状の対策方法

膨満感という言葉、最近よく聞くと思いませんか?膨満感とは、お腹が張って苦しい感じがすることを言います。最近、この膨満感を自覚している人が増えてきていると言われています。その理由のひとつとして、食生活の変化によって、胃の働きが低下してきているため、胃の重苦しさから膨満感を感じる場合があるでしょう。

 

昔と比べて、糖質と脂質の摂取量がとても増えてきています。ハンバーガーやカップラーメンのような、ファーストフードやインスタントフードを食べる機会が増えてきています。また、スイーツがブームとなっていて、今では、老若男女関係なく、甘いものを好んで食べる人が増えてきています。中には、朝食に甘いものを食べるという人もいるようです。

 

 

このような背景もあり、膨満感を感じる人は増えてきているようです。これらのような膨満感の場合には、食事を改善することで、症状が消えて楽になるでしょう。しかし、長い間、食生活が乱れていた人や、子どもの頃から食生活が乱れているという人は、膨満感の改善に少し時間がかかってしまうかもしれません。それでも、食生活を改善することで、かなり症状は軽くなることでしょう。

 

また、膨満感というのは、腸管などの消化器官内にガスがたまることによっても引き起こされます。最近、特に話題になっているのが、このタイプの膨満感です。ガスがたまる原因は、食生活によって腸内細菌のバランスが崩れてしまい、異常なガスが発生してしまうというパターンがひとつです。

 

 

他に、ストレスから空気を飲み込んでしまいやすくなる呑気症候群や、過敏性腸症候群などが原因となっている場合もあります。このストレスからくるタイプの膨満感は、薬を使って解消することもできますが、ちょっとしたストレスで再発してしまうことも多く、なかなか治りづらいのが現状のようです。ストレスを抱え過ぎないようにする対策が必要となってきますので、その場合には、心療内科、精神科などを受診するという選択肢もあるでしょう。

 

膨満感はすぐに命の危険があるというような病気ではありません。しかし、長く続くと、とても不快で、気が滅入ってしまう病気です。適度な休養や睡眠を取り、食事や運動などの生活習慣を整え、ストレスを抱え過ぎないように心がけましょう。